2009年1月11日(日) 14時開演
ゆるらくご会 第二回公演 
柳家喬太郎独演会「喬太郎通(きょうたろうすとりーと)
柳家喬四郎 松竹梅
柳家喬太郎 時そば
仲入り
柳家喬太郎 按摩の炬燵
 
右は、喬太郎師匠が書いてくださった演目です。
当日はお客様のお帰りの際に受付前に掲示しました。
まずは弟弟子の喬四郎さん(二ツ目)が開口一番で「松竹梅」。
1972年生まれ、牧ノ原市ご出身の喬四郎さんは、地元ネタを
織り交ぜて客席を湧かせてくださいました。
 
〜松竹梅とは〜
三人揃うと名前が目出たいと、大店の婚礼に招かれた「松」「竹」「梅」の職人三人組。
ただ招いてもらうだけでは申し訳ないと、ご隠居のアドバイスで余興をすることになるが…。
松・竹・梅の必死な余興のドタバタが面白い一席です。
いよいよ登場、喬太郎師匠です。こちらは「時そば」。
喫煙者の切実な主張をマクラでたっぷりと。
嫌煙者までも思わず納得のハイテンションな訴えに爆笑しつつの時そばでした。
 
〜時そばとは〜
屋台のそば屋で勘定のごまかしを目撃したとある男。
自分も真似して同じことをしようとするが…
デアゴスティーニ「落語百選」にも収録されている、絶品の時そばです。
仲入りを挟んで、最後は「按摩の炬燵」です。
 
〜按摩の炬燵とは〜
冬の寒い晩、出入りの按摩に腰を揉ませる、ある大店の番頭。
番頭ではあるものの、奉公人として一人だけ便利な炬燵は使えない。
しかし、人肌でもいいので暖まりたいと按摩に炬燵代わりになって貰えるように依頼をする。
炬燵として暖まれるよう呑み続ける按摩は、 これまでの苦労を思い出しながら一人、酔って行く。
暖まった躯でいよいよ炬燵となるが…
奉公人としての立場に共感し、按摩の苦労にしんみりとし、そして最後には笑ってしまう多彩な展開の噺です。
喬太郎師匠、本当に素敵な高座をありがとうございました!!