2011年1月23日(日) 14時開演
ゆるらくご会 第三回公演 
立川志らく独演会「志らくの自由帳(しらくのくろっきーのーと)」
立川らく兵 二人旅
立川志らく 疝気の虫
仲入り
立川志らく 柳田格之進
 
右は、志らく師匠が書いてくださった演目です。
当日はお客様のお帰りの際に受付前に掲示しました。
まずは前座のらく兵さんが開口一番で「二人旅」を。
師匠から「兵隊さんに似ているから」と名付けられたらく兵さん、兵隊さんらしからぬ笑いを誘うとぼけた口調で、お客さんを湧かせてくださいました。
 
〜二人旅とは〜
二人の旅人が歩いていると、そこに茶屋のような店が現れます。
お腹を空かせた旅人は、飲み物、食べ物はないかと訪ねますが、店の老婆の回答は・・・?
 
いよいよ登場、志らく師匠です。こちらは「疝気の虫」。
当会初登場ということもあり、マクラでは「立川流四天王」の解説も。
志らく師匠しか出来ない「爆発オチ」のすさまじい虫たちを演じていただきました。
 
〜疝気の虫とは〜
人の躰の中に居るといわれる「疝気(せんき)」という虫。蕎麦が大好物で、宿主である人間が蕎麦を食べると嬉しくて暴れ、人間を苦しめてしまう困ったヤツです。
ある日、人間の躰から飛び出した疝気の虫と喋ることに成功した男。運良く疝気の虫の弱点を聞き出しましたが・・・。
志らく版「疝気の虫」の可愛らしさ、激しさにも注目です!
仲入りを挟んで、最後は「柳田格之進」です。
 
〜柳田格之進とは〜
厳格・真面目だけが取り柄の武士、柳田格之進。その性格が災いし、現在は浪人の身。娘と二人、貧乏暮らしをしています。
ある日、偶然知り合った裕福な商人と碁の友達になります。
毎日のように碁を打つ仲になった二人。ところが、いつものように碁を打った後、商人の五十両がなくなってしまいます。
柳田と商人の仲を嫉妬する番頭が、証拠もないのに柳田が盗ったのではないか、と疑いの目をかけます。
身に覚えのない疑いをかけられた柳田は、身の潔白を証明するために不器用な方法で五十両を作るのですが・・・。
人の想いが交錯する切なく暖かい話です。
志らく師匠、素敵な高座を本当にありがとうございました!!