ゆるらくご、ってなんでしょう? ・落語は、どこで見ることができるの?
日本には、毎日落語を見ることが出来る「施設」として、「寄席」という場所があります。
東京に4カ所、横浜に1カ所、大阪に1カ所に名古屋1カ所。
寄席だけでなく、コンサートホールや、公民館や、お寺や、飲食店などでも噺家さんを招いて、落語会が開催されています。
ところが寄席がない地域では、寄席がある大都市程には落語会というものがありません。
また、スケジュールの都合や会場の都合などで、地方で待っているだけでは見られない素敵な噺家さんがたくさんいらっしゃいます。

・地方に落語会がないなら、テレビだっていいんじゃないの?
古典芸能のひとつである落語には、名人と呼ばれた故人のCD・ビデオはたくさんありますし、今活躍している噺家さんの、CD・DVD・テレビ放送もあります。
しかし、落語は生(ライブ)で見るのが一番です!
その日、会場に集まった一期一会の観客と、噺家さんとの一体感は、二度と味わうことができません。
一人芸の最高峰の臨場感は、やっぱり生でこそ!!
そして、静岡ではなかなか見ることの出来ない「生の噺家さん」を、見る場をつくりたい。
この時代に、<この噺家さん>と一緒に生きている、その幸せを味わって頂きたい!
その想いから、「ゆるらくご」が生まれました。

・落語のこと、何も知らないんだけど、準備が必要?
あなたの体ひとつで充分。他に何もいりません。
落語は演者とお客様の共同作業で「何もない空間をあるように見せることが出来る」芸能なのです。
聞いてみてから「おもしろいな」と感じた演目があれば、調べてみると面白いかもしれません。

・どんな噺家さんがいるの?私の好みに会う人はいるの?
現在、落語界には様々なスタイルの噺家さんがそれぞれの個性を磨き上げて活躍されています。現存する噺家は700人以上とも。どんなお客様のニーズも応えられるような活況を呈しています。
「ゆるらくご会」では、自信をもってお客様にお勧めする、様々なスタイルの<この噺家さん>をご紹介していきます。

・落語を見るのって大変じゃないの?
静岡であなたの好きな噺家さんの落語会があるのであれば、交通費や時間は県外にわざわざ出かけて行くよりはずっと少なくて済みます。また、県内各所で「知らなかったけど実はやっていた」落語会の情報も手に入りやすくなります。
いま楽しんでいるご自分の趣味、「読書」や「スポーツ」や「コンサート」や「お芝居」や「テレビ」をそのままに、また、お仕事でお忙しい中でも、まるで今までずっと好きだったかのように、「落語」を追加することができます。
そして、「落語」を追加することで、いつもの生活がもっと素敵な生活に変わっていくことを楽しんで頂きたい、と「ゆるらくご会」では考えています。

    いらっしゃいませ!


ゆるらくご会 概要
2007年2月 発足
2008年1月 「立川談春独演会『談春筐(だんしゅんぼっくす)』」開催
2009年1月 「柳家喬太郎独演会『喬太郎通(きょうたろうすとりーと)』」開催
2011年1月 「立川志らく独演会『志らくの自由帳(しらくのくろっきーのーと)』」開催
2013年6月 「二つ目一周年記念 立川こはる・春吾二人会」開催予定

ゆるらくご会 連絡先

054-667-1702

〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙1-14-11 MBE152 アナタの生活の中に、無理なく「らくご」を同居させる、それが「ゆるらくご」スタイルです。